直線上に配置



何故、WindowsMediaPlayerからRealPlayerに再度変更したか
(言い訳)

2003年初頭から映像コンテンツの再生をそれまでの
RealPlayerからWindowsMediaPlayerに変更しました。

その理由は昨年の秋口にRealがVer.upしたため
新しいコーデックを使うには$199、必要となった事。
さらに現在使っているノンリニアソフト上でWindowsなら
直接エンコードできる事、の二点でした。

そしてWindowsを使い始めて二ヶ月、どうも画質が以前と比べて
落ちたような気がしていました。
よく調べてみるとコーデックが二世代前のWindows7だった事が判明。
さっそくWindows9の最新のコーデックに変更したのですが
やはり画質はRealの方が良かったような・・・。

で試しに同じAVIファイルをReal8、Windows9のコーデックでエンコード
した映像をモニター上で同時スタートして見比べて見た。
・・・明らかにRealの方が画質が良かった。
やはり有料と無料の違いか・・・。
で$199支払って最新のReal9のコーデックでエンコードした
映像はさらに綺麗だったのでした。

Real One Player (Win版)の導入を希望します。

m(_ _)m


参考比較 (音声なし・映像のみ)
元素材(1`26) AVI - 720*480 - - - 18.8M -
エンコードソフト 拡張子 コーデック
バージョン
サイズ レート 処理 エンコード
時間
容量 -
Helix Producer Plus rm 9 320*240 700k 2-pass
CBR
4`25 10.5M 再生
Windows Media エンコーダー wmv 9 320*240 700k 2-pass
CBR
3`36 7.3M 再生

容量が3M近く違うので一概には言えませんが
同じ700kbpsのピッレート比較だと個人的にRealが高画質だと思います
逆に言えばファイルサイズがデカイのだから当たり前、でもあります。。。


※「WindowsよりRealPの方が画質が良い」と言う結論は
あくまで私の主観です。一般的にとちらが優位なのかは分かりません※


直線上に配置