直線上に配置
バナー
アルフレッド・ヒッチコックの映画

【Alfred Joseph Hitchcock】
(1899年8月13日 - 1980年4月29日)

イギリスの映画監督、映画プロデューサー、脚本家である。
映画史上最も影響力のある映画監督のひとりと見なされており、
イギリスとアメリカ合衆国での60年にわたるキャリアの中で50本以上の長編映画を監督した。
ほとんどの作品がサスペンス映画やスリラー映画であり、革新的な映画技法や独自の作風を使用し、
「サスペンスの巨匠(Master of Suspense)」や「スリラーの神様」と呼ばれた。
ほとんどの監督作品に小さな役でカメオ出演したことや、テレビ番組『ヒッチコック劇場』(1955年 - 1965年)の
ホスト役を務めたことでも広く知られている。

享年80

6/14 更新


 ★ 駄作  途中でやめたくなる
 ★★  凡作  興味あれば
 ★★★  普通  それなりの出来
 ★★★★  佳作  かなり面白い
 ★★★★★  傑作  超オススメ

「高倉健の映画」


「007シリーズ」

「拝啓 渥美清 様」
<俳優渥美清の映画に関しての個人的考察サイト>


「勝新と雷蔵」
<勝新太郎と市川雷蔵映画に関しての個人的考察サイト>


日本特撮史
<円谷英二の軌跡と日本の特撮史の考察サイト>

1899年
(明治32年)
0歳
1899年8月13日、イースト・ロンドン(当時はエセックスの一部)の郊外に、鶏肉店と青果物の卸売商を営む父と母の3人の子供の末っ子として生まれた。兄姉は9歳上と7歳上。一家は英国国教会の信者が多数を占めるイングランドでは少数派である、アイルランド系のローマ・カトリック教徒だった。
1914年
(大正3年)
15歳
ロンドンの電信ケーブル社で働き始める傍ら、ロンドン大学の夜間美術学部に通い、会社の広告部門でイラストを書くようになる。
1921年
(大正10年)
22歳
電信会社をやめ、サイレント映画の字幕デザイナーとして職を得るようになり、やがて絵コンテやセットデザインをこなすようになり、1922年に「第十三番」で監督デビューすが、途中で制作費が底をつき未完となる。
 1925年
(大正14年)
26歳
 その後は助監督や脚本、セットデザインなどで働き、1925年「快楽の園」で監督デビュー、1926年には初のスリラー「下宿人」を監督するが配給会社は公開を拒否、のちに業界死者で好評を得て「イギリス映画史上の最大傑作」と呼ばれ1927年1月に公開、商業的にも成功を収めた。
解説 「マンクスマン」★★
(1929年公開・モノクロ無声・83分)

脚本-エリオット・スタナード
出演-カール・ブリッソン、マルコム・キーン、アニー・オンドラ

監督-アルフレッド・ヒッチコック
解説 「恐喝」
(1929年公開・モノクロトーキー・85分)

原作-チャールズ・ベネット
出演-アニー・オンドラ、ジョン・ロングデン、キリル・リッチャード

監督-アルフレッド・ヒッチコック
  1931年
(昭和6年)
32歳
 
解説 「メリー」
(1931年公開・モノクロトーキー・78分)

原作-クレメンス・デーン/ヘレン・シンプソン
出演-アルフレート・アーベル、オルガ・チェホーワ、ポール・グレッツ

監督-アルフレッド・ヒッチコック

<参考> Wikipedia



弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2022, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置